要望お答え

以下要望です。
.swfでの画像ファイル使用時、AIRNovelでは基本的にプラグインとして読み込んでおいて、それを表示させるかさせないかで使用するもの、と解釈しているのですが。
個人的に欲しい効果として、レイヤーに画像を表示させる際、.swfの動的なものと、一枚の静止画を合わせた、ちょっとしたアニメーション効果のあるものがとてもやりたいと思っております。
例えばメニュー画面を呼び出す際、.swfで動きを示してから被せる形で静止画を表示させ、それを消すとまた.swfの効果と共に元の画面に戻る。と言ったような効果です。
説明が下手で申し訳ありません…。
プラグインとして使用する形でこの効果を試してみたのですが、元からプラグインを読み込んでいる→常に動いているものを表示、非表示させる。と言う都合上、アニメーションが上手く被らず、ずれてしまう事が多々ある事に気付きました。
これだと駄目だな、と思い、先日追加された文字レイヤーにswfを表示させる方法でも試してみたのですが、全画面を効果として使いたい都合上上手く被せる事が出来ませんでした。

まだまだAIRNovelの事を理解した訳ではありませんし、もしかすると他にこう言った効果を出す事が出来るタグ等存在していたら大変に申し訳ないのですが、以上の理由からレイヤーに画像を表示させるのと同じように、.swfファイルを使用出来るようにする事は出来ませんでしょうか?
表示させた時にアニメーションが必ず頭からスタートする、と言う特性があったらいいなと。
画像と同じようにswfを使用出来れば、後は元よりあるタグで表示時間の調整等は出来ますし、とても欲しい機能なのですが…。


ええと要は、
swfアニメしてから、アニメ終了を待ち、swfを消して静止画を表示
次はその逆、って事でしょうか?

であればこないだ追加した「swfアニメを詳細に操作するタグ群」でいかがでしょう。
こんなイメージかな?

[add_lay layer=a class=grp]

[lay layer=a page=back fn=静止画.png visible=true]
  → 裏ページに静止画を読み込み、表示にしておく(裏ページなので[trans]するまで見えない)
[lay layer=a page=fore fn=動的.swf visible=true]
  → 表ページへswfロードと「先頭から」再生開始。
[wa layer=a page=fore face_no=0 arrive=true]
  → 表ページのswf再生終了待ち。
[trans layer=a time=0]
[wt]
  → 裏ページ表ページにコピー。
    読み込んでおいた静止画が表示される。
    (クロスフェード不要、表示変化が一瞬で良ければtime=0)


逆も同様なので、省略します。
上記例では[wa]のみ使用しましたが、任意位置からの再生開始・停止タグもあります。

ちょっと質問がよく分かってないかも。
ansで動かせる例になるサンプルファイルがあると助かります。
スポンサーサイト
プロフィール

ふぁみべぇ

Author:ふぁみべぇ
 →@famibee
 →メアド(四角を@に)

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ