AIRNovel・ANBooks暫定更新:ムービーレイヤ・音量不具合修正、仕様変更

●AIRNovel(暫定)更新
5.89
* bug:[ruby]使用時の履歴が親文字とルビが並ぶ形になる件
5.88
* bug:[fadeoutbgm][fadeoutse]の属性 stop が効いてない
* add:ムービーレイヤでも状態を保存するように
* add:[dump_lay]でHTMLレイヤとムービーレイヤもサポート
* bug:bgmのvolumeがセーブで保持されていない件
* chg:音声の音量で、基準音量(sys:スコープ、設定画面・[volume]などで変更)と目標音量(save:スコープ、[playse][playbgm]のvolume属性で指定)を分けるように。実際の音量は「目標音量 x 基準音量」とする。

●ANBooks(暫定)更新
5.138(Windows版 Mac版
* upd:AIRnovel 5.89に更新
5.137(Windows版 Mac版
* upd:AIRnovel 5.88に更新

▲次世代 ANBooks (暫定)更新
5.941(新世代 beta版)(Windows版 Mac版
* upd:AIRnovel 5.89に更新
5.940(新世代 beta版)(Windows版 Mac版
* upd:AIRnovel 5.88に更新


【来年から音量の扱いが変わります】
◆今まで(〜2016年)
 ・関連変数(値域は全て0.0〜1.0)
  ・アプリ全体の基準音量:sys:flash.media.SoundMixer.soundTransform.volume
  ・音量:sys:const.an.sound.(バッファ名).volume【設定画面で設定する値】

 ・実際の再生音量=音量(ただしvolume属性があればそちら)x アプリ全体の基準音量
  ([volume volume=0.2]、[playbgm volume=0.5]だと 0.5 x アプリ全体の基準音量)

 ・再生中に[volume]volume属性指定時:指定した値にする。
   アプリ全体の基準音量 = 1の時、
  ([playbgm volume=0.5]で再生していても、[volume volume=0.7]で再生音量が0.7になる

◆これから(2017年〜)
 ・関連変数(値域は全て0.0〜1.0)
  ・アプリ全体の基準音量:sys:flash.media.SoundMixer.soundTransform.volume
  ・基準音量:sys:const.an.sound.(バッファ名).volume【設定画面で設定する値】
  ・目標音量:save:const.an.sound.(バッファ名).volume【追加】

 ・実際の再生音量=基準音量 x 目標音量 x アプリ全体の基準音量
  ([volume volume=0.2]、[playbgm volume=0.5]だと 0.2 x 0.5 x アプリ全体の基準音量)

 ・再生中に[volume]volume属性指定時:音量を計算しなおす。
   アプリ全体の基準音量 = 1の時、
  ([volume volume=1.0][playbgm volume=0.5](再生音量 1.0 x 0.5 = 0.5)で再生中、[volume volume=0.7]で再生音量が 0.7 x 0.5 = 0.35 になる


 マクロの変更は不要だと思います。
 同じ設定でも今までよりやや小さめに聞こえる感じ。ただ、より設定と音量の関係が直感的になるかなと。
【スクリプトで指定する目標音量】と【バッファ毎の基準音量】と【アプリ全体の基準音量】を明確に分けつつ、連動するイメージです。
スポンサーサイト
プロフィール

ふぁみべぇ

Author:ふぁみべぇ
 →メアド(四角を@に)

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ