AIRNovel&ANBooks更新:独自パック形式ファイルサポート【追記】

(更新:2014/1/5 以降)最新AnPacker.airへのリンク

●リリース Ans全ソース
3.54【追記】
* bug:(パックではなく今までの)暗号化した画像ファイルを読み込む際にエラーになっていた件を修正
3.53
* add:独自パック形式ファイル(*.anbc)サポート。全ての素材を一つの暗号化ファイルにパッケージ(一部ファイル以外)し、それを実行する事が出来る。
* add:[update_check]でupdate.xmlが無くても良いように。また更新確認設定をタグから出来るように属性追加。
    check_for_update、download_update、download_progress、install_update
    update.xmlより属性が優先。
    【参考】ApplicationUpdaterUI.html

●ANBooks更新(公開先
0.56【追記】
* chg:AIRNovel 3.54に更新。
0.55
* chg:AIRNovel 3.53に更新。

packリリース。独自パック形式ファイルを生成するツール(コマンドライン版)
  ※Ant 等から実行する方法は build.xml にある mkp や ucr を参照。
0.01
* new:独自パック形式ファイルを生成するツール(コマンドライン版)

引数 Usage: pack KEYCODE LENGTH OutPackPath ConfigFile
  KEYCODE ─── 暗号キー。半角で256文字まで。
  LENGTH ─── 最低暗号化バイト数。0x360 など。0は全て。
  OutPackPath ─ 出力ファイル名。pack.anbc など。
  ConfigFile ─ config.anprj へのパス



AnPackerリリース。独自パック形式ファイルを生成するツール(GUI版)
0.01
* new:独自パック形式ファイルを生成するツール(GUI版)
    使用方法
    暗号キー、最低暗号化バイト数を入力し、config.anprjをドロップ。
    同じパスに pack.anbc が生成される。

do_packフォルダ ─── 強制パックする素材を入れる。(必要なら開発者が生成)
dont_packフォルダ ── パックしない素材を入れる。(必要ならツールが自動生成)
            プラグインやフォントswfはここ。パック出来ないので。
その他フォルダ 以下のルールで処理。
  breakline.* …… パックしない。dont_packフォルダへコピー。
  breakpage.* …… 〃
  *.swf …………… 〃
          プラグインやフォントswfはパック出来ない。
          ただしアニメだけのswfはパック出来るので、
          do_packフォルダにそれらのswfを置ける。
  *.an …………… パックする。最低暗号化バイト数にかかわらず全て暗号化する。
(コピー発生や元々 dont_packフォルダが存在する場合、config.anprj に dont_packフォルダパスを追加)


 独自パック形式は、config.anprj の<search><path></search>内の全素材を一つのファイルに暗号化して内蔵するものです。(ANBooks では未サポート。この辺は随時)

 スクリプトや画像ファイルは含めますが、breakline.*、breakpage.*、プラグインswfやフォントswfは内蔵出来ず、dont_packフォルダへコピーします。

 AIRNovel.swf と同じフォルダに「pack.anbc」と「(あれば)dont_packフォルダ」を置く事で、それを実行します(config.anprj がないと pack.anbc を探す)
 *.airファイルビルド時は上記三つ(とアイコン)だけをパッケージに含めてリリース出来ます。

 バイトコードを含む swf がパック出来ないのはセキュリティ的な理由からです。
 まぁNScripter も arc.nsa と dll、吉里吉里も data.xp3 と dll は別れてますし。

 某Tさんのお問い合わせ、パックファイル形式を形にしてみました。大変お待たせしました。
スポンサーサイト
プロフィール

ふぁみべぇ

Author:ふぁみべぇ
 →メアド(四角を@に)

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ