AIRNovel更新:[let_as]廃止とレイヤ等表示状態変数追加

●リリース Ansan_sdkAndroidChromeOSiPadiPhone全ソース
3.02
* del:[let_as](システム情報取得)廃止組み込み変数とする。
   ただしUTC経過時間は「const.Date.getTime」、
   VM起動経過時間は「const.flash.utils.getTimer」に変名。

* chg:sub.anを[let_as]ではなく組み込み変数を使うよう変更。
* add:レイヤやプラグインの表示状態visibleを取得する組み込み変数追加
* chg:組み込み変数「const.an.hPlugin」を「const.an.plg」に変名

[let_as]まわりでバタバタして済みません。
多分この形が一番使いやすいと思いますので。

以下の感じで使えます。(ansのmain.anに貼り付け、breakline.swfをmatに入れると動きます)

; == 現状状態表示
; escape:[ch text=&const.an.key.escape][r]
mes:[ch text=&const.an.lay.mes.fore.visible]
[ch text=&const.an.lay.mes.back.visible][r]
grp:[ch text=&const.an.lay.upd.fore.visible]
[ch text=&const.an.lay.upd.back.visible][r]

[loadplugin fn="breakline" join=true]
; [unloadplugin fn="breakline"]; 削除したら以下はエラーになる(存在しないので。存在チェックは組み込み変数で)
breakline:[ch text=&const.an.plg.breakline.visible][p][r]

; == 表示してみる
[lay layer=upd fn="update" visible=true left=86 top=186]
; [lay layer=upd page=back fn="update" visible=true left=86 top=186]
[plugin name="breakline" visible=true]

; == 現状状態表示
; escape:[ch text=&const.an.key.escape][r]
mes:[ch text=&const.an.lay.mes.fore.visible]
[ch text=&const.an.lay.mes.back.visible][r]
grp:[ch text=&const.an.lay.upd.fore.visible]
[ch text=&const.an.lay.upd.back.visible][r]

breakline:[ch text=&const.an.plg.breakline.visible]

; datetime:[ch text=&const.Date.getTime]
; VM:[ch text=&const.flash.utils.getTimer]
[s]

スポンサーサイト
プロフィール

ふぁみべぇ

Author:ふぁみべぇ
 →@famibee
 →メアド(四角を@に)

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ