【更新】ANBooks更新:新フォント自動生成機構


●ANBooks更新(Windows版 Mac版 過去Ver等)※ANBooksを起動するだけで自動更新
5.15【更新2:38】
* upd:新規プロジェクトからAIR 16.0を基準に(ant latest_airapp でも可)
* upd:jQueryプラグインText Change Eventを採用、notyを2.3.4に更新
5.14【更新21:14】
* add:全文字情報を含むフォントファイルを生成する機能を追加
* add:ucr、引数switchにall_out(全文字情報を含むフォントファイルを生成)追加
5.13【更新14:57】
* upd:ucr、[lay][span]のlayout属性内fontFamily指定も使用フォント指定(;#USE-FONT)と同様の判定を行なうように
* upd:フォントファイル名が環境によりトラブルを起こす恐れのある場合にエラー表示するように

埋め込みフォントの使い方」も更新しました


Adobe AIR 16 SDKも更新。
Adobe AIR 16 の公開と追加の新機能 - akihiro kamijo
 切りのいいところで【拡張ビルド】-【Adobe AIR SDKを最新Verへ】を押してください。(更新にはしばらく掛かります)
20150127sdk16.png


5.12
* add:新フォント自動生成機構。設定無しに、fontフォルダに一つttf・otfファイルを置くだけで全anスクリプトでの文字表示に反映するように
* upd:モバイルテンプレ:アルバムにもindicator表示追加(_album.an)
* upd:ucr、引数に柔軟性

●ANEdit更新(Windows版Mac版AIRFlash必須。※起動するだけで自動更新
0.87【更新2:38】
* upd:jQueryプラグインText Change Eventを採用、notyを2.3.4に更新


新フォント機構について
1.プロジェクトフォルダ直下に「fontフォルダ」を作ってフォントファイルを一つ入れ
2.【フォントswfビルド】するだけで本文フォントに反映するようになりました。(ビルド実行・配布版のみ)
(注:fontフォルダそのものは【プロジェクトフォルダ設定】で【プロジェクトに追加】しないで下さい)

 別のフォントで試したい場合も、
1.フォントファイルを入れ替え(常にファイル一つだけにする
2.【フォントswfビルド】
3.【ビルド実行】
 だけでゲーム全体に反映されます。


「組み込みフォント設定」のなんちゃらも無し。(念のため残しときますが)
 フォント設定も全て自動。



 フォントswfファイル生成、anスクリプトへの反映も自動です。



 メインフォントだけならそれだけで済みますが、一部別のフォントを使いたい場合。
 同じようにfontにフォントファイルを追加し、スクリプトを追記するだけです。

 以下はYes/Noダイアログの文字だけを「KFひま字」に変更する例です。

1.fontにフォントファイルを追加。
(例では、KFひま字.otf)


2.ここ以降のフォントを変えたいという場所に、[lay]か[span]のlayout属性で「fontFamily」を指定。
(例では、_yesno.anの文字レイヤ設定を決めている箇所の変更)
(「プラグイン名」とか「フォントファミリー名」とか考えなくて良く、全部フォントファイル名で共通化しました。タグや語句の詳細は「埋め込みフォントの使い方」を参照してください)


3.同じ場所に「;#USE-FONT」の記述も。スクリプト全体なら冒頭で結構です。
(例では、サブメニューから表示されるYes/Noダイアログの文言が書かれているスクリプト──_submenu.anの冒頭に)


4.【フォントswfビルド】ボタンを押す。

5.ビルド実行すると画面に反映されている。
(例では、Yes/Noダイアログだけフォントが変わっている)


 ちなみにフォント読み込みも自動で追記します。
スポンサーサイト

ANBooks更新:テンプレ修正とAndroidも最新テンプレに

●AIRNovel更新 過去Ver等
5.05
* bug:ルビにも本文と同じFontLookup・RenderingMode設定などを反映するように
* add:const.an.key.back追加(Android用)

●ANBooks更新(Windows版 Mac版 過去Ver等)※起動するだけで自動更新
5.11
* upd:AIRNovel 5.05に更新
* bug:Androidテンプレ:_saveloadBtn_noUseをnouseと小文字にしていた(_saveload.an)
5.10
* chg:Androidテンプレ:最新テンプレに更新
* bug:モバイルテンプレ:本文でのスワイプイベント登録が抜けていた(sub.an)
* bug:モバイルテンプレ:下部ページ表示マークを左右中央に(_album.an、_saveload.an)
* bug:モバイルテンプレ:アルバム indicator.swf 表示を中央に(_album.an)

●ANEdit更新(Windows版Mac版AIRFlash必須。※起動するだけで自動更新
0.86
* upd:AIRNovel 5.05に更新

【更新】AIRNovel&ANBooks更新:テンプレ修正とiOS64bitサポ義務準備

●AIRNovel更新 過去Ver等
5.04
* bug:モバイル版で余白を覆う必要がないとき、デバッグ表示されない不具合
* chg:[dump_lay]表現を短縮・少し詳細に

●ANBooks更新(Windows版 Mac版 過去Ver等)※起動するだけで自動更新
5.09
* bug:テンプレ:build.xmlから「 -useLegacyAOT yes」を削除
5.08
* bug:iOS版テンプレ:plgBetweenAS3.swf差替、ease未指定時にイージング無効とする
5.07
* bug:iOS版テンプレの修正抜け(sub.an)
5.06
* upd:AIRNovel 5.04に更新
* bug:テンプレ:iPad冒頭でセーブ・ロードすると、ボタン位置がずれる。
* bug:テンプレ:起動直後ロードでエラーになる場合がある件。
* upd:iOS版テンプレを最新に
* upd:iOS版:2015年2月からのAppStore提出アプリ64bitサポート義務化前準備
* upd:「-useLegacyAOT yes」廃止
* chg:iOS版ではTweensyプラグインはBetweenAS3版を使用するように
* bug:本文で三本指スキップが出来ない件
* chg:iOS版のAlbum・SaveLoadページ変更はスワイプではなく左右ボタンに

●ANEdit更新(Windows版Mac版AIRFlash必須。※起動するだけで自動更新
0.85
* upd:AIRNovel 5.04に更新

【更新】2015/01/21、テンプレも最新の本バージョンでAppStore申請しました。(非64bit)
 AIR SDKが正式版で64bitサポートしたら、再度申請します。


主に
【iOS版:2015年2月からのAppStore提出アプリ64bitサポート義務化前準備】

Flash Player 16 と Adobe AIR 16 の新機能と 64 bit iOS アプリ - akihiro kamijo
2015 年の 2 月から App Store に提出する iOS アプリに 64 bit サポートの義務化がアナウンスされたことに対応し、AIR SDK 16 のアップデートとして、32 bit と 64 bit の両方で動作する IPA を生成する機能が追加される予定です。


と、
【テンプレ不具合修正】
による変更です。

 ちょこちょこテンプレ変更・修正がありますので、既存のプロジェクトも随時反映・脇に置いといて作り直しを推奨します。
 もう大きな変更は無いと思いますが……

 フォルダ内のファイル比較ツールなどを駆使すると便利です。
Windows:WinMerge - 窓の杜ライブラリ
Win & Mac:フォルダ間のファイルを比較するDiffMerge。 | GRAFAiN
      「DiffMerge」で日本語テキストを正しく表示させる方法 - 強火で進め




iOS版のみ・最新環境による影響
(マニアックな話をすると「-useLegacyAOT yes」廃止による影響)
 主に以下で影響があります。この辺はAppleによる古い開発環境・iOS・機種切り捨て方針なので致し方ないです、ご理解下さい。
 最新テンプレには反映されているので、特に気にしなくていいかもです。

<プラグイン>
・plgQuake.swf──そのまま使える
・アニメswf──そのまま使える
・plgGallery.swf
 ──「deftag_loadplugin.as」内に静的リンク

多分Fileによるローカルファイルロードがプラグインから出来ない、というセキュリティ上の理由


・Tween.swfプラグイン
 ──使えない代替となる「plgBetweenAS3.swf」を用意したのでそちらを使用
  (複数のトゥイーンをまとめて操作するシーケンス系は未作成)

プラグインに使用しているライブラリとAIRNovel本体のライブラリがぶつかっていると思われる。



<実機テスト>
・iOS5.1では64ビットアプリをサポートしない
  →古いiPod 3 などで実機テストipaをXCode「Devices」で転送しようとすると失敗する。

[iOS]xcode 5.0でreleaseモードでビルドしたアプリをテスト実行しようとするとエラー: みこさんちの開発日記
初代iPadのサポートが難しくなりそうです。。。 | 日々コツ

AIRNovel更新:文字表示不具合修正

●AIRNovel更新 過去Ver等
5.03
* bug:ブレイクマーク表示中、処理の文字表示でマーク後に文字追加される件
* bug:リンク区間中で上記同様の件
* bug:縦中横を連続させると一つに結合してしまう件

●ANBooks更新(Windows版 Mac版 過去Ver等)※起動するだけで自動更新
5.05
* upd:AIRNovel 5.03に更新

●ANEdit更新(Windows版Mac版AIRFlash必須。※起動するだけで自動更新
0.84
* upd:AIRNovel 5.03に更新

AIRNovel&ANBooks更新:アニメgif&pngなど画像拡張プラグイン

・アニメgif(透過と不透過の境界、ジャギが気になる)

・アニメpng(ジャギなくきれい)

画像レイヤ──時計
ボタン──左下のオレンジのヤツ(→これでアニメボタンが作れます)
文字内グラフィック──右上のクリック待ち記号
文字レイヤ背景──青い女子顔(→これで文字ウインドウ背景もアニメ出来るわけです)


●AIRNovel更新 過去Ver等
5.02
* new:サポート画像拡張プラグイン機構(画像レイヤ、ボタン、文字内グラフィック、文字レイヤ背景)
* chg:プラグインエラー処理修正
* add:文字内グラフィック[graph]も暗号化対応に
* chg:文字レイヤクリア時にボタンヒントチップス[button hint=]を消すように。

●ANBooks更新(Windows版 Mac版 過去Ver等)※起動するだけで自動更新
5.04
* upd:AIRNovel 5.02に更新
* new:アニメgif、アニメpng(.apng)プラグイン提供(ANBooksではないが)
* chg:プラグインテンプレ手直し

●ANEdit更新(Windows版Mac版AIRFlash必須。※起動するだけで自動更新
0.83
* upd:AIRNovel 5.02に更新


 Twitterがアニメgif、iOS 8/Safari 8がアニメpngをサポートする昨今。

〜参考資料〜
APNGについていろいろ調べてみた件 - Acetaminophen’s diary


「swfが作れない」という声もあり、これからはswfだけでなくアニメgifやアニメpngも使えるようになりました。
 ※【注意】アニメpngをAIRNovelで使う際、拡張子は「png」ではなく「apng」とします。

 世の中には色んな画像フォーマットがありますが、プラグインでサポート形式を増やせる機構と、そのサンプルとして「アニメgif&pngなど画像拡張プラグイン」を公開します。
AnimePng.anbook
AnimeGif.anbook
 どちらもサンプルを動かすときは、config.anprjを「ANBooksへ送る」で開いてください。



 サンプルのアニメgifはPhotoshop上で作り、出力出来ます。
  →フレームを使用した GIF アニメーション作成方法 (Photoshop CS5)

 アニメpngはPhotoshopで作り、連番pngに吐きだし、APNG Assemblerで変換が早道。
  →ウェブ用アニメーションを劣化なく保存できる画像形式APNGの作り方 – ICS LAB
  →[iOS 8] Safari 8 で対応したAPNG(アニメーションPNG)の作成方法 | Developers.IO
  →フレームアニメーションを作成する方法 (Photoshop CC)
   (記事のAPNG Assemblerは上手く動いてくれないので以下を。このWebサービスもダメだった
   →APNG Assembler | SourceForge.net
   →APNG Assembler

 Macなら「./apngasm 東北ずん子.apng 東北ずん子_*.png 1 100 -z2」とか。

 アニメpngの出来映えは、Safari 8 で確認するのが早道かなと。

 エディタツールに期待。
  →GIFアニメよりも高品質なPNGアニメAPNG, そのエディタツールがKickstarterで資金募集中 - TechCrunch



 もちろん【サポート画像(を)拡張(する)プラグイン機構】搭載になったので、新たなフォーマットやある種の暗号化画像、追加タグとの組み合わせで制御する何かしらの表示オブジェクトなど可能性が広がります。
 ごく簡単なところでは一枚の画像を切り出すようなアニメフォーマットのサポートとか、昔ながらのゲームっぽいですね。

〜参考〜
ActionScript入門Wiki - チップからキャラを切り出して動かす
ActionScript入門Wiki - アニメーションパターンを登録、再生させる

プロフィール

ふぁみべぇ

Author:ふぁみべぇ
 →メアド(四角を@に)

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ