文字列操作プラグイン「plgStr」

瀬戸愛羅さんからAIRNovelプラグインの投稿を頂きました!
文字列操作プラグイン「plgStr」

このプラグインによる追加機能は、
・ 文字列の長さを求める
・ 文字列のある位置の文字を取り出す
・ 文字列のある位置から何文字かを取り出す
の3つです。


公開ページで判りやすくて詳しい説明が成されています。

これで変数の文字列操作が可能になりますね。有り難うございます(´ω⊂

XNovel ver2.09提出:ePub展開キャッシュ、広告削除(課金)

20110413xn5.jpg
●XNovel ver2.09提出(前回は3/9-3/15、今回は4/13-3/19?)
* add:トップ画面左上ボタンにサブメニュー追加
* add:ePub展開キャッシュ機能追加
* add:広告削除(課金)追加

* add: sub menu addition on a button in the top screen left.
* add: ePub development cache function addition.
* add: Advertisement deletion (charging) addition.

「ePub展開キャッシュ」
iPhoneのSSD容量を使い、一度開いたePub展開時間をほぼゼロにする機能です。
(ePubファイル更新時はもちろん再度開き、時間が掛かります)
SSD容量を使いたくない場合もあるでしょうし、切り替え可能にしています。
デフォルトはOFF。ON→OFFにすると「ePub展開キャッシュ」を全削除。

「広告削除(課金)追加」

続きを読む

AIRNovel更新:既読状態変数追加

●リリース Ansan_sdkAndroidChromeOSiPadiPhone
2.47
* add:既読かどうかを返す変数const.an.isKidoku追加。ちなみに既読状態は[clearsysvar]でクリアできる。

機能追加の変更部分はMainThread.asのみです。

const.an.isKidokuという変数を追加しました。
[ch text="&const.an.isKidoku"]
と云う感じで「この変数を参照した位置は既読か」表示できます。
表示「後」必ず既読になる点に注意。なぜかと云うと、既読判定の変数だからです。
(ちなみにマクロ内やサブルーチン内では既読状態をサポートしません。意味がないからです。変数値はマクロやサブルーチンへ入る直前状態のママ)

[ch text="&const.an.isKidoku"]
[clearsysvar]
[l]


と云う感じでその位置までの既読変数をクリアして実験可能です。

NTさんによる、以下のお問い合わせの対応です。

現在もandroid端末向けのゲームを開発中ですが、こちらの端末では[l]や[p]を使ったページ送りをした場合、指でクリックした時の判定が不安定(指の腹で押すとたまに反応しなかったり)なため、
[l][p]の代わりに、[lb]という画面右下に大き目のクリックボタンを出すマクロを作る事でなんとか対応しました。
--------------------------------------------------------------------
[macro name="lb"]
[button pic="pb_btn" top=330 left=650 label=*pb_start global=true page=fore]
[s]
*pb_start
[record_place]
[endmacro]
--------------------------------------------------------------------

しかし、これでは、自動読み進みモードを追加しても、[l]や[p]のように自動的に未読既読などを判断できないため、苦戦しております。

この[lb]マクロの中で、現在位置が未読か既読かを判別するための、関数やシステム変数などはありませんでしょうか?

AIRNovel更新:[link]にonenter、onleave追加

●リリース Ansan_sdkAndroidChromeOSiPadiPhone
2.46
* add:[link]にonenter、onleave指定を追加
* add:build.xmlにiOS版AIR 2.6ビルド記述を追加

機能追加の変更部分はTLFSprite.asのみです。

Ans内のmain.anを以下のように改変してみると、動作が判ると思います。

[link onenter=*oe onleave=*ol b_color=0xFF8888 b_alpha=0.5 hint="開き"]Adobe[endlink]
 [link onenter=*oe2 onleave=*ol2 b_color=0x88FF88 b_alpha=0.5 hint="ます"]AIR[endlink]
[s]

*oe
E[return]
*oe2
e[return]
*ol
L[return]
*ol2
l[return]


2011/04/05追記
瀬戸愛羅さんがさっそくサンプルを作って下さいました! 有り難うございます!

>[link]のonenter、onleaveありがとうございます。早速遊んでみました。選択肢にカーソルがあうと、背景色が変わるように作ったサンプルを置いてみました。


こちらのリンク先ページ上でそのまま動かして頂けます!

瀬戸さん、二つの選択肢を素早く移動すると文字表示が追いつかないのは、文字を[ch wait=0]で出すといいかも!
背景色や背景画像も、一旦レイヤを作っておいて、あとは表示位置だけ動かす方法なら早いかな、と。
もしくは選択肢の数だけレイヤを作っちゃって、visibleだけを切り替えるか。

続きを読む

XNovelでつくるiPhoneノベルゲーム

xnovel_manual.jpgXNovelでつくるiPhoneノベルゲーム
(2011/03/28)
アライ コウ

商品詳細を見る
ライター・アライコウさんによりXNovelの解説本が発売に!
当ブログの断片的な情報では解りにくい全容が、一冊の本になりました!

App_Store_mini.jpgXNovelアプリはAppStoreで無料配布です!
icon_pp.pngHTMLや画像、音声ファイルをまとめてepubにする「PackePub」も無料配布!


「XNovelの使い方」と「正誤表」(PDF)が公開されています。

いやぁ、現実逃避とAppleへのルサンチマン結晶がこう云う形で昇華され、世に出て行くとは思いもしなかったなぁ……
プロフィール

ふぁみべぇ

Author:ふぁみべぇ
 →@famibee
 →メアド(四角を@に)

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ