同人レジ更新:作品ごとの累計頒布数・小計と、全売上合計を表示

○iOSレジ審査申請
 Version Number 1.02
 Description
* add : To distribute the total number to display Single, subtotal, total sales totals.
* bug : If you do not kill the app from adding revenue, bug fixes will be time to "Invalid Date" and the ID of the output HTML.

* add:作品ごとの累計頒布数・小計と、全売上合計を表示するように。
* bug:売上追加してからアプリを終了させないと、HTML出力結果のIDと時間がInvalid Dateになる不具合修正。

 リリースしてからGoogle Playに要望が上がっているのを知りました><
同人向けレジ - Google Play の Android アプリ
 一部今回の更新で追加されますが、気付かないのはなんとかしたいですね。
 Google Play、レビュー追加でメール送ってくれるとかして欲しいなー
スポンサーサイト

3Dデータを表示するソフト

借り物コードシリーズ第二弾。
3Dモデル形式の「dae」「md2」「mqo」「3ds」「kmz」を認識して表示します。 PaperVision3Dにおんぶにだっこ。

(更新:2011/05/04 11:32)AIR SDK 2.6、Ver 1.02
(以前インストールしていた状態で上書きインストールする場合、失敗する事があります。一度アンインストールしてからインストールして下さい。これは署名を変更した為です)

cube.daeなどをこちら(「5分でPapervision3D」をやってみる | logicalyze::blog)からお借りするとサンプルになるかも。
1000ポリゴンを超えると重いです。はちゅねみくぐらいならOK。

ファイルをDragDropで表示。別のファイルを見たい時はソフト再起動。
クリックしながらDragで回転、ホイールで拡大縮小。
右クリックしながら上下Dragで上下移動。

ソースを公開したいので、もうちょっとSyntax Highlighterを調べよっと。

任意ファイルをRC4暗号化するソフト

Adobe AIRの勉強の副産物。
ただしリソースはほとんど他人様の借り物。
使用方法は「RC4暗号化と復号化」にて。

(更新:2014/1/5 以降)最新ANCoder.airへのリンク

(更新:2011/05/04 11:32)AIR SDK 2.6、Ver 1.05
(以前インストールしていた状態で上書きインストールする場合、失敗する事があります。一度アンインストールしてからインストールして下さい。これは署名を変更した為です)

AdobeAIRアイコンと言えばおなじみ、Yasu様の「Icon Generator for Adobe® AIR™」。

暗号化アルゴリズムクラスの「CriptRC4.as」はこるなご様のプログラムと音楽 Flash自体を暗号化して画像、音楽、ActionScriptソースを保護するより。

失礼ながら、コードをちょっと最適化しました。
インタフェイスは触ってないので置き換えしても大丈夫なはず。
CriptRC4.as、公開します。

ほんとはSyntax Highlighterあたりで見た目に美しく公開したいけど、なぜかXSSにひっかかるので断念。

ByteArrayをRC4暗号化する

CriptRC4.as
package {
import flash.utils.ByteArray;

public final class CriptRC4 {
private var keyCodes :Vector.
= new Vector.(0, false);
private const KEYLENGTH :uint = 255;

public function CriptRC4(key:String) {
keyCodes = new Vector.(KEYLENGTH +1, true);
const bufCodes:Vector. = new Vector.(KEYLENGTH +1, true);

const length:uint = key.length;
var i:uint;
for (i = 0; i <= KEYLENGTH; ++i) {
bufCodes[i] = uint(key.charCodeAt(i % length));
keyCodes[i] = i;
}
var j:uint;
for (j = i = 0; i <= KEYLENGTH; ++i) {
j = (j + keyCodes[i] + bufCodes[i]) & KEYLENGTH;

keyCodes[i] ^= keyCodes[j];
keyCodes[j] ^= keyCodes[i];
keyCodes[i] ^= keyCodes[j];
}
}

public function cript(data:ByteArray, len:uint=0):ByteArray {
data.position = 0;
const length:uint = data.length;
if ((len == 0) || (len > length)) len = length;

const buf:Vector. = keyCodes.concat();
const baRet:ByteArray = new ByteArray();
// baRet.position = 0;

var i:uint;
var j:uint;
var k:uint;
for (i = j = k = 0; k i = (i + 1) & KEYLENGTH;
j = (j + buf[i]) & KEYLENGTH;

buf[i] ^= buf[j];
buf[j] ^= buf[i];
buf[i] ^= buf[j];

const t:uint = (buf[i] + buf[j]) & KEYLENGTH;
baRet.writeByte(data.readByte() ^ buf[t]);
}

if (len < length) baRet.writeBytes(data, data.position);

return baRet;
}
}
}

正規表現エディタ

wonderfl上でWebサービスっぽく。
インストールするより、Webでちょこっと使いたい感じだと思うので。


一つめのTextFieldにマッチ文字列、
二つめのTextFieldにはマッチ文字列を置換する文字列(String.replace準拠)
三つめのTextFieldに入力(複数行可能)
四つめのTextFieldにマッチ結果
プロフィール

ふぁみべぇ

Author:ふぁみべぇ
 →メアド(四角を@に)

カテゴリ
リンク
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ